経営者はよく本を読んで企業運営

企業経営者の多くは、本や新聞、ビジネス書などをよく読みます。そこから先人の知恵を得ること、企業を取り巻く環境が変化している様子をいち早くキャッチすること、そして最新のビジネス動向を把握することで、それを自社に活用できないか絶えず頭を働かせていると考えられます。経営者が読む本の中には、必ずと言っていいほど「愛読書」があります。それは論語であったり、松下幸之助が記したものであったり、ピーター・ドラッカーの書籍であったりとさまざまです。忘れてならない重要なことは、企業のトップに立つ人々はそれらの情報源を元に、自分なりの考え方・行動パターンを構築し、企業運営に活かしているという点です。換言するならば、彼らの愛読書は、いわば参考書のようなものであり、そこから明確な答えを論理的に導き出しているのです。

本を読むことは成功への近道

経営を成功させたいであれば本を読むべきです。書物というのは先人の知恵の結晶であり、それを追体験する試みに他なりません。事実、成功している起業家というのは、ほぼ例外なく読書家なのです。書物を読み込むことは、知恵を得るだけではなく、想像力を鍛えることにも繋がります。そして読むジャンルを限定するのは控えるべきです。グローバル社会を迎えた現代では、多くの視座が必要となります。それを支えるのは、豊富な読書量なのです。経済のみならず、世界情勢や人間心理にも触れてることが肝要です。優れた経営者となるために、本に慣れ親しんでいきましょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 経営者は愛読書を参考に All rights reserved