経営者の成功例が記された本

街中の書店に足を運べば、経営者の成功の秘訣などが書かれたビジネス書をよく目にすることができます。これらの本は、先人の知恵を活用するという点では意義深いものがありますが、それが現在あるいは将来にわたって通用するかというと、はなはだ疑問であると言わざるを得ません。それは、経済は生き物であり、刻一刻と細胞分裂を繰り返すかのように千変万化しているからです。経営者は高いアンテナを立て、その環境変化をいち早く察知し、的確な指針と指示を出すことで対応してくことが必要です。ビジネス書には、将来の経済がこうなるということまでは記されていません。企業のトップに立つ人たちは、経済を予測し、環境変化に対応するだけでなく、それを見越した一歩先の手段を講じ、他社に先駆けた展開が期待されます。

経営に関する本を選ぶなら

経営に関する本を選ぶのなら、「経営の教科書」がおすすめです。著者の新将命氏は“伝説の外資トップ”として知られる人物で現在ではさまざまな会社のアドバイザーを務める立場にあります。著者自身のビジネス経験から導き出した「社長がおさえておくべき30の基礎項目」はこれから会社の社長になろうと思う人には大変役立つものとなるでしょう。伝説の外資トップ”として知られる人物である著者の言葉だからこそ説得力があり、今後の会社を作る上での大きなヒントがたくさんあると思います。時代が変わっても変わらない原理・原則を学ぶためにも必読です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 経営者は愛読書を参考に All rights reserved