読書をするなら経営に関する本

読書をするなら、経営に関する本を薦めます。得られる知識はとても役立つからです。ビジネスにも活かせるので、収入が上がったり、昇進したりすることも期待できるようになります。将来的に独立したり、起業しようと思っているなら、とても参考になります。経営者はビジネスを産み出したり、創造したりすることもできるので、夢を持ちやすいです。夢があれば、やりがいも持てるし、人生にも張り合いが出てきます。つまり、充実した生活を送りやすくなるのです。今は独立を考えていなくても、少しでも興味があるなら、ビジネス書を読んでおくと良いです。後から、役立つ可能性が高いからです。

本を読んだら実践すること

経営やマネジメントで、偉大な成功者の主張、経験や学者の理論などを本で学ぶ人は多いのですが、それだけですと知識が増えただけですから経営にはあまり役立ちません。学んだあとは、それを実践の場で使うことが、学んだこと活かす意味で重要なのです。現実の課題や問題に活用すると、それだけでは効果が少ないとか、もっといい方法があるとか、ということも出てきます。そうしたことを重ねていくと、学んだことが本当に自分のものとなって、つまり咀嚼でき、自分の知恵として実力をパワーアップするということになるのです。そして、再び学び直し、循環させれば、さらに強力なパワーになっていきます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 経営者は愛読書を参考に All rights reserved