経営のヒントには論語の本

会社を経営していくためのヒントを得るために、論語の本を読んでみてはいかがでしょうか。原文そのものを読むのが一番いいのですが、内容が分かりにくく読みにくいという人もいるでしょう。初めての人は、背景などの解説が書かれていたり、現代風の読みやすい言葉で訳されているものを選んで読むといいでしょう。論語には、経営に行きづまったときの考え方のヒントが書かれていますし、本を読んでいると悩んでいたことが解決され、前向きな気持ちになるのでおすすめです。リーダーシップの取り方、人間関係の勉強にもなるので、部下や新入社員にも勧めてみるといいでしょう。

経営の勉強をするために読書を

経営の勉強をする目的というのは人それぞれであり、これから起業をしようとしている人や、もっと企業を大きくしようとしている人、趣味として或いは自己啓発として勉強をする人など様々です。経営に関する基礎や応用、または実践で使える知識を得ようとするためには、関連する本をたくさん読むことが大切です。具体的な一冊を愛読書として持つことも良いし、ひたすら何冊も違う本を読むことも効果的でしょう。重要なのはそれを継続していくことであり、たとえ企業が安定して成長していたとしても、常に勉強して次の戦略を考えることが、現代を生き残るために必須といえるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 経営者は愛読書を参考に All rights reserved